開発の基本

パソコンを使っている(手のみ)

アプリ開発の基本について

一般的にアプリ開発を進めるに重要な事は、ユーザーにとって、必要で便利に使えるものを作る必要性があります。基本的には、天気の情報を表示するものであったり様々ですが、共通する点は便利であることです。更に開発では新しいアイデアが必要になってくる場合が度々あります。これまでにないような画期的なものを作るというのが、アプリ開発の肝になっていきます。また開発では、テストを入念に行わねければなりません。iosの場合様々なデバイスがあり、画面サイズや解像度が異なりますので、それにあったサイズや画面構成やレイアウトにする必要性があります。またiosアプリやスマホアプリでは、基本的には広告収入がメインになりますので、できるだけダウンロード数を増やし効率的に収入を得るのが基本になっていきます。

価格や広告収入に関して

一般的に開発の収入は広告によるものが多くなると前段で書きましたが、広告を過度に表示させるのはよくありません、一般的には広告は控えめにするのが良いです。広告を少なくすると収入も減るという考え方一般的ですが、本来広告は利用者が興味があるのでタップするもので、誤タップを狙うものではありません、ですので、しつこい広告を表示してしまうと、アプリ自体の評価が悪くなってしまいますので、一時的には収入が、増える可能性がありますが、評価が悪くなり、なかないか伸びにくくなってしまいます。iosでは基本的にipad、iPhoneなどのiosデバイスがメインになりますので、これらを中心にアプリ開発やテストをすることが基本になります。アプリ開発では、さらに知識を応用する部分がありますので、考えながら制作することが基本になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加