必須となる情報

室内でスマホを持ち上げている

スムーズにiphoneアプリ開発を行うために

皆さん、一度はiphoneアプリを使用したことがあると思います。 ゲーム、ビジネスや生活に役立つアプリ、美容・ファッション情報を提供するアプリなどなど、いろいろなアプリがあります。 そんなiphoneアプリですが、使用していくうちに、こんなアプリを作りたい、このアプリを改良したい、など自身でアプリ開発をしたいという思いを抱かれたことがあるのではないでしょうか。 今回は、はじめてアプリ開発を行う方に、スムーズに開発を行う為に知っておくべき知識をご紹介します。

バージョンによって異なるピクセル密度や画像サイズ

ピクセル密度や画像サイズは、端末のバージョンによって異なります。 画面サイズが同じでも、ピクセル密度が異なるため画像サイズも異なります。 例えば、iphone3とiphone4の画面サイズは3.5インチと同じ大きさですが、iphone4のRetina displayは解像度が高くとiphone3の解像度が4倍もあります。 ピクセル密度が異なると、密度の低い環境をベースに開発されたものはピクセル数が少なく、密度の濃い環境できれいに見えない場合があります。 その為、まず事前に開発を考えているアプリの端末のバージョンを決定し、画面サイズやピクセル密度を調べましょう。端末のバージョンが決定すれば、画面サイズが決定されますので、開発がスムーズに行えます。 自身の開発のためだけではなく、ユーザーフレンドリーなアプリ開発に近づきますので、しっかりと確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加