タブレッドとキーワード

アプリ開発とOS

パソコンを持って、使っている男性

Windowsでiosアプリを作る

iosのアプリ開発にはどうしてもMACOS Xでないと開発することができません。つまり他のOSではios向けのアプリ開発をすることができないのです。 ですが技術の進歩によりWindowsでもios向けのアプリ開発をすることができるようになりました。その方法とはWindows上でエミュレーターを使用し、MACOSをバーチャル環境で作ってしまうという方法です。 つまり、WindowsでMACOSを起動しそこでプログラミングをするという方法です。これを利用するにはVMWareを必要としますが、それがないのであればVirtualBoxというものを使用し、Windows上でMACOSを起動することができます。

VirtualBoxはフリーソフト

iosのアプリ開発をWindows上で行うにはVirtualBoxを利用する必要があります。VMWareは有料なので買わないといけませんが、VirtualBoxはフリーソフトでダウンロードと設定さえすればMACOSをWindows上で起動することができます。OS Xもダウンロードすることが可能なので、インターネット環境さえあれば、使用することが可能です。 VirtualBoxやVMWareなどのことを仮想マシンとも呼ばれ、他のOSをWindows上で起動することができるソフトです。MACOS以外にも以前までのWindowsやLinuxOSなどを利用することができます。 これによりiosのアプリ開発に拍車がかかるかもしれません。

必須となる情報

室内でスマホを持ち上げている

まず最初に、アプリ開発はご存知の通り、iphoneの画面上で表示されるものです。 その為、iphoneのピクセル密度や画像サイズについて知っておくことが必須となります。

開発のための環境

キーボード

iosのスマホは全世界的に利用されているもので、そのためそこで利用できるアプリ開発は企業、個人を問わず多くの人によって行われています。大事なのは、開発を行うための環境を整えることです。

開発の基本

パソコンを使っている(手のみ)

iosのアプリ開発を行う際には、基本となる理念を固め、確認しておく必要があります。それはユーザーにとっての使い勝手がいいこと。必要性が高くて、便利なもの。それが開発の肝なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加